小顔になる方法は沢山ある【一度専門医院へ相談してみるべし】

小顔になる方法が知りたい

鏡を見る人

美容整形外科で小顔をめざそう

ダイエットに成功してもなかなか痩せないのが顔です。体重が落ちて喜んでいても、顔は以前と変わらず落ち込む方もたくさんいます。自分で頑張ってリンパマッサージなどをしても効果はいま一つ実感できないと悩んでいる方にお教えする小顔になる方法です。それは美容整形外科で施術をしてもらうことです、小顔になる方法にはさまざまな種類があります。しもぶくれの頬や二重顎など、顔に脂肪が多い方は脂肪吸引や脂肪溶解注射を気になる部分に打つ方法があります。脂肪溶解注射には肌を引き締めたり、血液やリンパの流れを良くし脂肪や老廃物の排出を促す効果もあるので、全体的にむくみもとれ自然な小顔になれます。筋肉が発達してエラが張っている方は、エラボトックスやボツリヌストキシンを注射して筋肉の緊張を解く方法もあります。奥歯を噛み締める咬筋が発達していると、寝ているときに歯を食いしばったり歯ぎしりが気になったり顎関節症の原因にもなるので、咬筋の緊張を解くエラボトックスやボツリヌストキシンの注射はおすすめです。施術時間は10分程度で、麻酔クリームを塗った後で極細の注射針を刺すので痛みもごくわずかなので負担がかからないのも特徴です。半年から1年効果が持続し、回数を重ねていくと効果の持続期間は長くなります。もとの状態に戻らないようにするには、さらに5〜6回程度繰り返します。エラが張る、顎がとがっている、頬骨が目立つなど骨格に原因のある方は骨格を削る方法が最適です。注射に比べると時間がかかり施術後も2週間から4週間ほど腫れや痛みを伴いますが、全身麻酔をしたうえで行うので手術中は痛みはありません。なにより、一度行うと永久的に効果が持続します。手術を行わなくても、脂肪溶解注射やエラボトックスやボツリヌストキシンの注射でも小顔になる方法として最適なのは確かです。こまめに施術を行うことにより、効果が維持できます。たくさんの小顔になる方法がありますが、自己流では限界があったりエステでは解決できない悩みがある場合には美容整形外科で小顔になる施術を受けることも考えてみることもおすすめです。