小顔になる方法は沢山ある【一度専門医院へ相談してみるべし】

切らずに施術ができる

鏡を見る人

医師に相談することが大事

顔の輪郭は数mm変わるだけで大きく印象が異なるものです。小顔になる方法は骨切りなど物理的に小さくする方法もありますが、その他にもメスを使用しない整形施術方法もあります。まず、小顔になる方法として、顎をスッキリとさせるという方法があり、具体的には、顎の先に脂肪を注入するという方法となります。顎にVラインを作ることで、綺麗な卵型のフェイスラインにすることが出来ます。日本ではもちろん、整形大国とされている韓国では一般的に行われている施術方法であると言えます。注入する脂肪については、頬などから採取するため、拒否反応やアレルギー反応のリスクを減らすことが出来るというメリットがあります。頬骨下部分がこけてしまっているという場合には、こけている部分に脂肪を注入することで、印象を変えることが出来ます。整形施術後には、施術を受けた部位に腫れや内出血などが見られることがあります。切らない小顔になる方法でも同様に腫れなどが見られることもありますが、丁寧に脂肪を取り除くとともに施術を行うことにより、腫れなどを最小限に抑えることが出来ます。施術後のダウンタイムについては、施術者の技術や経験に左右されるため、施術を受けるという場合には、いくつかのクリニックでカウンセリングを受けるようにしましょう。カウンセリングは無料で受けることが出来ます。切らない小顔になる方法の持続性は、その方法にもよりますが、半永久的な効果を期待することが出来る方法もあります。顔が大きく見えている原因として、エラの筋肉が張っていることが考えられます。このような場合には、筋肉の働きを抑えることで、小顔効果を期待することが出来ます。具体的な方法としては、ボトックス注射という方法があります。ボトックス注射については、それぞれの筋肉量にあった量を適切な場所に注入するという方法が必要となります。費用は保険が適用されないということもあり、クリニックによって異なりますし、使用するものについても異なりますので、カウンセリング時に確認をするようにしましょう。分からないことや不安に感じることがあれば、相談をすることをおすすめします。